Love Live!Aftertalk

妄想をただ書き連ねる覚書。

ラブライブ!サンシャイン!!  振り返り企画【楽曲編】第1回「きみのこころは輝いてるかい?」

前回があまりにも「沈黙~サイレンス~」を見ていない人とか、興味の無い人を置いてけぼりにする記事だったので、今回から本筋に戻しますw

わーい、たのしー

と、いうわけで、今回からはAqours1stLIVEその前に「楽曲編」と題してお送りしていきます。とはいえ、楽曲の作りなどは音楽素人の自分には語れません。恐らくその内リスアニさんが特集号を出してくれるはずなので、それを待ちつつ。

ここでは楽曲の構成とかではなく、劇中で使われた楽曲を中心に、その楽曲の持つ意図とか、歌詞の解釈なんかの話をだらっとしていこうかなと思います。

 こちらも連続企画でお送りしていこうかなと思います。

特に語るポイントの無い楽曲に関しては、割愛させていただきますが、それは私の文章力の問題であり、楽曲にはなんの罪もございません。予めご了承頂ければ幸いですm(__)m

◆君のこころは輝いているかい?

君のこころは輝いてるかい?(Blu-ray Disc付)


[試聴動画]ラブライブ!サンシャイン!!Aqours「君のこころは輝いてるかい?」_Full Size

説明:

Aqoursの記念すべきデビュー曲を含む1stシングル。カップリングには「Step! ZERO to ONE」「AqoursHEROES」を収録。更にファンにとっては初めて「喋る声」を聴ける「はじめましてのご挨拶」を9種類収録と豪華な造り。おまけに美麗なPVも見れちゃう!凄い!(小並感)

解説:

君のこころは輝いてるかい?

君のこころは輝いてるかい?」における「君」とは誰なのか。その解を求めるのが「ラブライブ!サンシャイン!!」アニメにおけるメインストーリーだった。「劇場版ラブライブ」そして「SUNNY DAY SONG」のアンサーソングとして作られたこの曲において、「君」とは「μ'sの意志を継ぐ者」のことだった。そしてそれは「ラブライブ」の正統続編である「ラブライブ!サンシャイン!!」の主人公であるAqoursなのだと我々は認識した。そしてその通りのストーリーが展開され、我々はそれを実感として受け取った。「ラブライブ」において穂乃果が度々発した「キラキラ」そして「輝き」という概念は、「劇場版ラブライブ」のストーリーおよび「SUNNY DAY SONG」の歌詞においていよいよ具現化した。「輝き」は「自分自身が本当に心の底から楽しむこと」そして「未来の事など考えず今を精いっぱい生きること」によって発せられるのだと「劇場版ラブライブ」は定義づけた。そしてそれは「SUNNY DAY SONG SUNNY DAY SONG 輝きになろう なんて言える今の気分を分け合えば SUNNY DAY SONG SUNNY DAY SONG 君も踊り出す 幸せの予感に包まれ なんでもできそうさ」という歌詞に集約されている。「太陽の光がある場所に音楽が生まれ」、それが言葉では説明できない「全能感」を生み、その「全能感に導かれ踊り出した人」が「輝きを手にする」。そんな「ラブライブ」が総括した「思想」を引き継いただからこそ「君のこころは輝いてるかい?」には「SUNNY DAY SONG」と同じモチーフが散りばめられている。

「きっかけはなんでもいいから 一緒にときめきをさがそうよ ほんとに望むことなら叶うんだと証明してみるんだ」「君のこころは輝いているかい? 胸に聞いたら YESと答えるさ」「この出会いがみんなを変えるかな 今日も太陽は照らしてる 僕らの夢」

これらの歌詞は「SUNNY DAY SONG」の思想をそのまま引き継いだ形になっている。再三「ラブライブ!サンシャイン!!」を理解するためには「劇場版ラブライブ」を理解する必要がある、と主張し続けてきたのは、このデビューシングルがあったからだ。ここには「ラブライブ!サンシャイン!!」という作品の狙いも、「ラブライブ!」シリーズが持つ願いも、その全てが集約されている。

ラブライブ!サンシャイン!!」において、「君」とはAqoursのことなのだと我々は思ったが、その考えはAqoursの発起人=千歌によって否定される。千歌は最終回において「皆、輝こう!」と客席に問いかける。「皆」とは劇中においては客席の人々ではあるが、実際には「ラブライブ」を愛し、追いかける我々だ。物語においてのみ引き継がれるかと思われた思想は、最終的にはテレビの向こう側である我々へと継承されるべきだと、制作陣は望んだ。だからこそ千歌はラストシークエンスにおいて「君のこころは 輝いてるかい!」とこちらに向かって問いかけるのだ。

恐らくAqoursにとって、そして「ラブライブ!サンシャイン!!」という作品にとってのアンセムであるこの楽曲がどのようなタイミングで1stLIVEに登場するのかも、注目すべきポイントだと思う。

カップリング解説

「Step! ZERO to ONE」

アニメ本編において「ゼロ」というのは中盤以降キーワードとなっていった。Aqoursのメンバーを、支持者を、浦の星への入学希望者を、「0から1」にするために挑戦する物語。それが「ラブライブ!サンシャイン!!」の物語だった。発表当時にはそこまでのインパクトを与えなかったこの曲も、アニメ本編終了後の1stライブでは違った聞こえ方がするはずで、どのタイミングで歌うのか非常に気になる曲だ。

・「AqoursHEROES

劇中の文脈とは直接関係の無い楽曲だが、Aqoursといえば「活発」な「パーティーソング」であることを印象付けると同時に、「μ's」との差別化を図るという意味でも、大事な楽曲だと思う。

広告を非表示にする